イヤイヤ期の2歳児と「紙パックボール」作ってみた!

外出自粛が続く毎日で、ママ達が頭を悩ませていることのひとつが、おうちあそび。
我が家も例外ではなく、2歳イヤイヤ期真っ最中の長女のご機嫌をどうやってとるのか、常に考えています。

というわけで!

イタバシーナ2019年春号・村山ちひろ先生の手作りおもちゃ第4回「紙パックボール」を、2歳の長女と作ってみました♪


材料は、

★紙パック1本
★ビニールテープ
★シール

★使うもの→はさみ、クレヨン

今回ははさみを使う工作ということで、
イヤイヤ期の2歳児にはさみを我慢させるのは大変…。
ということで、二日に分けて作成しました!

●1日目
娘が寝た後、紙パックを切ってしっかりつなぎ合わせるところまで作成。

強度が欲しかったので、ビニールテープで補強しました。

●2日目
娘と一緒に周りにお絵かき&シール貼り

blank

この時点ではさみは使わないので安心です♪

完成~!

blank

早速お父さんとキャッチボール

blank

隙間が開いていて持ちやすいようで、普通のボールよりもしっかり投げることができるので、楽しいようでした。

紙パックなので当たっても痛くないのもポイントです。

外で遊べるようになったら、ころころ転がらないので外で投げ合ってもいいかもしれないです♪

是非作ってみてくださいね!