〈板橋再発見Vol.7〉中板橋 たまごの鶴田

こんにちは!

板橋区マムスマイルです音譜
イタバシーナ2019年冬号「板橋再発見 」掲載のおすすめグルメをご紹介!!
今回は「中板橋」が舞台です。
にわとりにわとりにわとりにわとりにわとり

いきなりですが、ブログをご覧の皆さまに質問です。

「たまご」と聞いて思い浮かべるものは何ですかはてなマーク

 

ママと言えばたまごクラブ?

世代的にはたまごっち?

外せないのは板東英二?

ふむふむ、なるほど、そうですか。

うんうん、ですよねですよね。

その答え、もちろん正解yesピンク

な・ん・で・す・が!!

板橋区民の皆様には是非1番最初にに思い浮かべて頂きたい答えがあります。

それが本日紹介するお店ですキラキラ

 

 

美味しい卵料理が食べられて、かつ、子連れにとっても優しい卵料理の専門店

たまごの鶴田

 

なんだい?卵を売ってるお店かい?

私も最初に名前を聞いた時には「養鶏場直営の美味しい新鮮卵が買えるお店なのかな」と思ったのですが、こちらの鶴田さんは

小林養鶏農園で生産されている『七国峠のこだわり卵を利用した料理・デザート』と『石神井川沿いののんびり空間』が楽しめるスポットなのですにわとり生

 

基本的にはどの世代の方でも楽しめる美味しいお店なんですが、今回は主にママ目線でご紹介したいと思いますクローバー

 

店内は子どもにママに優しい配慮が所々に

中板橋駅北口から石神井川を目指して徒歩5分。橋を渡ってすぐの所にお店はあります。

 

神井川沿いの道は、「板橋十景」にも選ばれている桜の名所です。

 

カラフルなアクセントの入った温かみのある木の外装はなんとオーナーご自身が塗ったそうびっくり

ウィンドウの可愛らしいイラストもオーナーが描いたそうですキラキラ

 

子どもが喜ぶキャラクターがいっぱいハート(子連れポイントアップ)

 

店内もウッディーでナチュラリーでおっしゃー。

 

カウンター3席、テーブル6席程と決して広くはありませんが、2面にある大きな窓のおかげか明るく開放的で窮屈さは全くありません。

 

多肉植物や小物などのディスプレイも可愛らしくてほっこりします顔

絵本やルービックキューブはランチを待つ間にイイネ

 

 

取材に伺った時は、息子(1歳半)がちょうど昼寝をしてしまったため、ベビーカーをそのまま店内へ入れさせて頂きました( 感謝…!嬉し泣き 感動 )

混雑時や複数台は難しいと思いますが、状況によっては対応して頂けると思います。

 

ベビーチェアの貸し出しもありますよ音譜

お子さま用食器も貸していただけますご飯

(子連れポイントアップ)

 

そして「子連れに優しい」という意味では是非注目して頂きたいのが

バーン!!お手洗い~音譜

(お腹のポケットから便利アイテムを出した時のトーンでどうぞ)

マークが一風変わってて可愛いですねトイレ

こういったカフェレストランでは珍しい、お子さま椅子、オムツ交換台完備!

そして広~い!ここにもうひと席くらい作れそうな広さです。

大きな荷物を抱えてじっとしていない子どもと入るお手洗いってホントに大変ですよね。

ママ目線としては少しでも広いのは本当に助かります。ありがてぇありがてぇ嬉し泣き嬉し泣き

(子連れポイントアップ)

 

オーナーご自身も二児のパパということもあって、このように店内は子どもにお子さま連れに優しい配慮が所々で感じられます花

 

 

ランチメニューは3種類+お子さまプレートもあります!

 

この日はランチに伺いましたご飯

ランチメニューは

◆たまごライスプレート

◆キッシュプレート

◆ラザニアプレート

の3種(880円税込)

全てにサラダ、お惣菜が付きますサラダ

プラス120円でドリンクも付けられますジュース

ドリンクはなんとカフェインレスコーヒーも選べます!授乳中でも安心ですね。

(子連れポイントアップ)

 

この日選んだのは人気No. 1たまごライスプレートランチ。

たまごライスを中心に、ソースはしらすバジルクリームとトマトガパオの2種。

副菜はチキンのトマト煮とサラダ。

 

中のライスはカレー風味。ソースの邪魔をしない優しい味です。

 

この聞きなれないシラスバジルクリームがとにかく美味しくておいしくてペロリペロリペロリ

鼻を通るバジルの香りとシラスの塩気がまろやかな卵ととっても合うのです。

一緒に行ったママたちに変に思われないように気を付けつつ、食べながら思わず何度も深呼吸。はぁ、なんて良い匂い…スーハースーハー。

トマトガパオもピリッとしたお味がシラスクリームとはまた対照的で良いキラキラこちらはソースと言うより「具」感覚。

 

この対照的な2種類のソースとカレー風味のライス。

それぞれで食べても美味しいのに、カレー、トマトガパオ、バジルクリームの混ざった部分もまた美味しいのです。この化学変化はプロならでは電球はぁどうしよう、深呼吸が止まらない…(変に思われないよう細心の注意を払いつつ)スーハースーハー。

3種類どころか4種類、副菜も合わせたらワンプレートでたくさんの味が楽しめてしまうたまごライスプレート。人気NO.1なのも頷けます。まるでオムライスの宝石箱や~宝箱

 

 

 

お子さまプレートも頼みましたオムライス

頼んだのはミニオムライス。(500円税込)

サラダ、デザートのついたワンプレート。ジュース付きですジュース

 

 

 

テイクアウトもあります

 

それでもやっぱり外食はまだ落ち着かない…💦というママも安心してください。

テイクアウトもありますよ!

ランチでも人気のキッシュやラザニア、デザートが購入できますペロリ

温め方も教えてくれるので、自宅でお店の味が楽しめちゃいますよ音譜

 

(写真は取材時にテイクアウトしたメニューです。)

サクサクのパイ生地が楽しい音符キッシュはしっかりしたお味なので、おかずとしてももちろんですが、お酒白ワインとも好相性ハート

 

ママは1品作る手間が省けますし、何と言ってもキッシュは見た目の完成度が高いので、いつもの食卓のオシャレ度が確実に増しますよ~!まさにたまご界のビジュアル担当や~生まれたてのひよこ

 

 

 

にわとりにわとりにわとりにわとりにわとり

 

 

 

プロの作ったおいしいご飯を食べることや、ランチを食べるほんの30分間だけでも、おしゃれで気持ちの良い空間に身を置くことは、思っている以上のパワーチャージになります。

子どもが小さいうちは外食は中々難しいですよね。でも、

毎日家族のために頑張っているママにこそ、是非、外食も楽しんでもらいたいと思うのです。

そして、そんな敷居の高い子連れ外食も、たまごの鶴田さんなら叶いやすいのではないかと思いますクローバー

 

 

さあ皆様。

鶴田と言えば?

もうお分かりですね。

 

「ジャンボ」なんて気の利いた答えは要りませんよ~。

 

是非、たまごの鶴田に足を運んでみてくださいねキラキラ

 

 

たまごの鶴田

住所
板橋区常盤台1-61-6
電話番号
050-3703-1231
最寄り駅
東武東上線 中板橋駅より徒歩5分
営業時間
11:00~16:00(Lo 15:30)、 18:00~22:00(Lo 21:00)
定休日
毎週月曜日・第一日曜日
https://m.facebook.com/tamagonotsuruta/