<板橋再発見 vol.8> 志村坂上 玉子焼とおむすび こにちゃん

こんにちは!
板橋区マムスマイルです

イタバシーナ2019春号「板橋再発見 」掲載のおすすめグルメをご紹介
今回は「志村坂上」が舞台です。

玉子焼きとおむすび こにちゃん

★読者特典あります★
お店から読者の方へ、期間限定でお買い上げ時にプレゼントをご用意しています。

最後まで記事をチェックしてください。

皆さんはおむすびや玉子焼はどういう時に買いますか?
パッと済ませたい時?
メインディッシュのサイドメニューに?
持ち運びしたい時?
わたしにとっておむすびは、こういう時に買うものでした。
このお店に出会うまでは…!

安心・安全かつ贅沢素材を使用した 玉子焼とおむすび こにちゃん

2018年7月18日にオープンした、明るい女性オーナーのお店です。

都営三田線からは志村坂上駅A4出口が徒歩1分と最も近いですが、ベビーカーでお越しの際はエレベーターがあるA1出口をご利用ください。
国際興業バスからは志村一丁目(凸版印刷前)停留所で下車し、徒歩5分ほど歩いた所にあります。トヨタレンタカーが隣にあります。

志村坂上店"表記ですが、現在のところはこちらが1号店のようです。(2号店もできるかも?)
赤紫色のうさぎの看板が目印です。

関西出身のオーナーが作る、俵形おむすび。
三角形で慣れているため、形が変わると味も違うような感じがします。
また、具が中央にあるタイプではなく、具とお米を混ぜているので、どこから食べても同じ味で美味しいです。
子どもにも食べやすいようで、いつもはポロポロこぼしてしまう2歳の長男も綺麗に食べることができました。

「こにちゃん」はオーナーの娘さんの小さい頃の呼び名だそうです。
そしてこちらの可愛いうさぎのイメージキャラクターは、娘さんが小さい頃に描いたイラストを、デザイナーに仕上げてもらったようです。
このエピソードを話された時のオーナーの笑顔からも、娘さんへの温かい思いが伝わってきました。
ご主人と娘さんが玉子焼が大好物で、よく作っていたことが、お店を開くきっかけになったようです。

 

平日10:30頃伺ったところ、ラッキーな事に写真の通りショーウィンドウに全メニューが揃っていました。
早い時には13:30に完売してしまう事もあるようです。インタビューをしている最中に、お客さんが列を作ることがありました。

 

添加物・保存料不使用!子どもから高齢者まで、安心して食べられます

シャケ、サバ、しらすなどの魚も切り身の状態から仕入れ、店内で塩漬けにして、炒ったり焼いたりしてからほぐしています。そのため身がほろほろと柔らかく、塩加減もちょうど良いです。

"安心・安全"をモットーにしているオーナー。これまで子ども・成人・高齢者を各対象にした食事を提供する仕事をしてきたので、それぞれの年齢層に合った味付けの好みが分かるそうです。
美味しさの理由のひとつはオーナーの経験のようです。

たくさんご紹介したい気持ちを抑えて、購入した5品に絞って感想をお伝えします。

◆あまちゃん(玉子焼 甘口)

玉子焼はオーナーが毎朝9:00から焼き始め、10:00頃に出来上がります。寒い時は冷えてしまわないよう店頭に出さず厨房に置いているので、ご希望の方はお声かけくださいとの事でした。
10:00前後に来店すると出来立てが手に入ります。

こちらのあまちゃん味は、三温糖と上白糖に出汁を合わせて作られているそうです。薄い生地が丁寧に何層にも重ねられ、優しい甘さと出汁の旨みが口の中で広がります。きめ細やかな、ふわふわなスイーツを食べているかのような感じで衝撃でした。
この後自分が作る玉子焼を反省して改良を試みましたが、とても真似はできませんでした…。

玉子焼はこの他に、薄口醤油と出汁を合わせた、こにちゃん味と九条ネギ味の全部で3種類あります。

 

◆わさびいなり
わさびがほんのり香る上品なお味です。
酢飯の甘酢と重なって爽やかな感じ。
わたしはわさびが得意ではないので家族用に購入したはずでしたが、試食が止まらず気付けば完食していました。次は2個購入しようと思います。
こちらのお店のおいなりさんの油揚は、薄口しょうゆでさっぱりめに仕上がっています。絹のようなきめ細やかでしっとりしたなめらかな食感で、酢飯と一体化しているかのようです。

◆十五穀米梅こんぶ
女性客人気No. 1メニュー。
カリカリした梅、コリコリしたこんぶ、プチプチした十五穀米。塩分や酸味とのバランスも良く、食感を楽しめます。

◆えび焼きおむすび
1月より加わった新メニュー。
炙り具合がちょうど良く、えびの甘みが楽しめます。
レンジで軽く温めると、より香ばしい香りがキッチンに広がります。

◆塩サバ
1〜2ヶ月毎に変わる、季節限定のおむすびです。
取材した1月は塩サバでした。
ふっくら柔らかいサバにごま油の風味が加わり、忘れられない味になりました。
臭みやパサつきは全く無いので、ぜひ試していただきたい一品です。

ちなみに昨夏はミョウガときゅうりの甘酢、秋はきのこの炊き込み、さつまいも等でした。
旬の味覚を堪能できるメニューです。

もちろん他のメニューも美味しいです。

こだわりの贅沢食材

美味しさの理由の2つ目は、厳選した食材にもあります。

◆卵

あわそだちという、最高クラスの飼料により育った鶏から生まれた元気な卵です。
黄身が濃厚で臭みが無いのが特徴だそうです。
全国で2つのみ認められる、伊勢神宮下宮へ平成30年にご奉納された逸品です。

沢山の卵を取り寄せ、オーナーが一番作りたい味として選んだのがこちらだったそうです。

◆お米

特A米 長野県産こしひかり 北信州みゆき 幻の米。
産地は長野県の最北端、新潟県魚沼地方に隣接する豪雪地帯。
食感はしっかりとした米の味を感じ、粘り気もあり、ほんのりとした甘味が特徴です。粒がしっかりして冷めても美味しいお米だそうです。
ごはん同士がくっつかず、ほんの少し芯が残った感じで、噛むたびにお米の甘みが染み出します。

検索するとどちらも良いお値段でした。
贅沢な食材を気軽に試せるのもおススメです。

これまでの玉子焼とおむすびとは異なり、メインディッシュになる特別な存在になると思います。

好きなメニューを組み合わせた予約もできるそうです。例えばお花見や運動会などに合わせて作ってくれるみたいです。
ぜひ「玉子焼とおむすび こにちゃん」に足を運んでみてください。

 

※営業時間は8:30〜売り切れ次第終了です。
他サイトの情報とは異なりますのでご注意ください。
土曜日・日曜日・祝日は基本的にお休みですが、お客さんのご要望が高いため、現在不定期で土曜に営業する日もあります。

余談ですが、近くに志村消防署があり、駐車している消防車と救急車を間近で見る事ができます。
車好きなお子さまは喜ぶと思います。

★読者限定特典★
300円以上お買い上げの方に、ミニサイズの玉子焼(あまちゃん味、こにちゃん味)を1切れずつプレゼントします。「イタバシーナ見たよ」とお伝えください。
10時からご用意しています。
2019年4月末日頃までの予定です。
ぜひこの機会に2種類の味をお試しください。

 

玉子焼とおむすび こにちゃん

住所
東京都板橋区志村1-13-12
電話番号
070-3961-3816
最寄り駅
都営三田線 志村坂上駅A4出口より徒歩1分
営業時間
8:30〜16:00頃 ※売り切れ次第終了
定休日
毎週土・日・祝日(土曜営業日も不定期であり)
https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1322/A132205/13226409/top_amp/