赤ちゃんと仲良くなれる演じる講座「こどよりあくと」<4/21(日)>

こどもが生まれて、

新しい生活がはじまって、

我が子は可愛いけれど、意思疎通ができる訳じゃないし、

オムツ替えに授乳に寝不足に……気づいたら旦那とスーパーのレジの人としか話してない。

 

 

「また体重増えてないですね」って言われた。

ミルク飲まないんだもんどうすればいいの。

 

「こんな時期に来て…小児科の行き方っていうのがあるんだよ」って言われた。

肌が黄色くなってすごく心配だったから行ったのに、間違ってたの?

 

「あら足が出ててかわいそう」って道ですれ違った人に言われた。

熱がこもらないようにしてるのに、かわいそうってなに?

 

 

みんな自分の知識を押し付けてくるばっかり。

 

 

ああ。

身体動かしたい。

どこかに出かけたい。

大人と世間話がしたい。

 

安心、したい。

 

 

はぁ……1日、長いなぁ……

 

 

………

 

 

 

これは、娘が生後二か月の時の、私の気持ちです。

 

 

文章で書くとあっという間ですが、こう感じていた毎日はあまりにも長くて、

今でも思い出すと、胸が苦しくなります。

 

この経験があったからこそ、

 

私が持っている知識と経験で、ママを笑顔にしたい!

 

そう思うようになりました。

 

 

海外では、「美術」や「音楽」と同じように、コミュニケーション力や表現力を鍛える為の科目として「演劇」が一般的に取り入れられています。

特に演劇が盛んなイギリスでは、

「日本人のコミュニケーション能力が低いのは、演劇をやっていないせいだ」

と思われているそうなんです。

そこまで重要視されている演劇ですが、日本では馴染みが薄く、いざチャレンジしようと思ってもなかなかハードルが高いですよね。

最後に演劇らしいことをしたのは小学生の頃、今更恥ずかしくてできない、なんて方も多いのではないでしょうか?

 

 

そこで!私こっとんが、どんな方でも簡単にできる「演じる遊び」をお伝えします!!

 

●流れの一例●
①ヒアリング
ワークショップに参加した理由、今悩んでいることなどを簡単にお聞きします。

 

②準備体操
雑談しながら、ゆったりと。

 

③ゲームアクト


赤ちゃんも一緒に演劇ゲーム!

 

④メインアクト


毎回テーマに沿った遊びをお伝えし、実際にご自分のお子様に向かって練習♪
おうちでも実践できるようにサポートします。
例:【ちょっとへんてこに絵本をよもう!】
【赤ちゃんをつかって夫婦円満になろう!】
※お悩み解決の為のアクトをすることもあります

 

⑤ミニミニシアター
お子様も楽しめるミニシアターでバイバイ♪

 

子連れ歓迎!泣いたら抱っこOK!寝ててもOK!騒いでもOK!

 

私自身も娘を連れていきます。主人も一緒なので、パパの参加も大歓迎!

おもちゃや絵本もこちらで用意いたします。

 

 

一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

 

ご参加、心よりお待ちしています♪

赤ちゃんと仲良くなれる演じる講座「こどよりあくと」~ちょっとへんてこに絵本をよもう!~

日時
2019年04月21日(日) 10:00 ~ 12:00
場所
大山東集会所和室
最寄り駅
東武東上線大山駅徒歩5分

注意事項

・傷害保険には加入いたしません。

・お子様同士のトラブル等につきましても、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

     

講師紹介

プロフィール写真

綿丸 琴(わたまる こと)

はじめまして!

2017年年末生まれの女の子ママであり、

20115月より小劇場の舞台役者として活動していました、

ママ役者、こっとんです

 

妊娠前は劇団に所属して、年間23本の作品に出演していたのですが、

201612月に妊活の為に退団しました。

産後、何か演劇に関わることがしたいなと思っていた矢先、

マムスマイルさんと出会い、20186月より「こどよりあくと」をスタートしました

 

こうやって書くとなんだか順調そうですが、

私も娘が生まれた当初は、気分が落ち込むことばかりでした。

娘の体重が増えなかったり、大人と会話しない日が続いたり、ミルクの飲みムラが激しかったり……

あああああ!!外に出たい!!!誰かと話したい!!!辛い!!!

 

我慢の限界で、何かないかと調べ、マムスマイルさんを見つけたのです。

 

 

実は私、役者である一方、子供関係の仕事をしています。

演劇のノウハウと、たくさんの子供たちと触れ合ってきた経験から、

 

ママやパパが楽しんで子育てできるような遊びの提案をしたい!

産後外に出るきっかけにしてほしい!

 

 

という思いをもって活動しています。

 

 

最初は私ひとりでやるはずだった活動ですが、

趣旨に賛同してくれた主人が手伝ってくれるようになり、

娘も一緒に家族3人で開催しています。

 

 

我が家に遊びに来るような感覚で、是非一度、体験しにきてくださいね。